【レア車両入荷】ホンダ アコード ユーロR(CL7) | 株式会社 RiSE AUTO

BLOG 店舗ブログ

【レア車両入荷】ホンダ アコード ユーロR(CL7)

こんにちらいず!ライズ四日市南店です。

今回はスポーツカー好きの方必見のレア車両が入庫しましたのでご紹介します!

Honda Accord Euro R (CL7)

概要

アコード ユーロRは、ホンダのDセグメントセダン「アコード」のスポーツグレードであり、CL7型は2002年10月の7代目アコード
発売当初から設定されました。

K20A型2.0L i-VTECエンジンはシビックタイプRやインテグラタイプR用をベースに専用チューンされ、
8000rpmで220psを発生する高回転高出力型。
そこに組み合わせられるトランスミッションは6速マニュアルのみと、かなり硬派な印象です。

通常グレードのアコードでも高いレベルにあるボディ剛性や操縦安定性を活かし、さらなる運動性能を追求して徹底的に強化された
シャシー性能も、ホンダの「R」の称号に恥じないものとなっています。

一方でサーキット走行を主眼に置くピュアスポーツである「タイプR」とは異なり、セダンとしての快適さ・上質さとスポーツ性の両立
を目指したのが「ユーロR」。
アコードが本来持つ静粛性や十分な室内空間といった快適性、大きなトランクスペースがもたらす実用性などはそのままなので、
ファミリーカーとして毎日の足にしてもまったく問題ありません。
それでいてひとたびワインディングに踏み込めば、専用チューンのシャシー、サスペンションと自慢のVTECエンジンが
スポーツカー顔負けのドライビングプレジャーを与えてくれます。

タイプRほどではないにしろ、その気になればサーキットも攻められるほどスポーティで、かつアコードが本来持つ快適性を
損なわない絶妙バランスに仕上げられており、これぞ「ホンダ流・大人のスポーツセダン」といったところでしょうか。

以下、ホンダさん公式サイトから情報をお借りしつつ詳細を見ていきましょう。

メカニズム

高知能化されたHondaの強心臓 Euro R専用、2.0L DOHC i-VTECエンジン。
Hondaの高度なレーシングテクノロジーを傾注し生まれたK20A型DOHC i-VTEC。Euro Rでは、吸・排気双方に備えたVTEC
(可変バルブタイミング・リフト機構)とVTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)を融合。そこに、理想的な吸・排気ポート
形状を実現した高精度シリンダーヘッド、高回転域で大きな吸気慣性効果が得られる単管等長ショートインテークマニホールド、
排圧低減を達成し高出力を導くデュアルエキゾーストなどを投入し、低回転域から高回転域をカバーする力強いトルク特性を獲得。
さらに、モリブデンコーティング・スカート採用の高強度非対称フォームピストン、高リフト対応高強度バルブスプリングなど、
高回転・高出力対応のチューンアップを入念にする一方、2次バランサーの採用により、ノイズ・振動を大幅に低減。Euro Rの
アイデンティティでもある圧倒的な動力性能と高質な静粛性・快適性の両立をハイレベルで達成した。そしてその動力性能をフルに
楽しんでいただけるようトランスミッションにはクロスレシオの6速MTを用意。1~4速にマルチコーンシンクロを、5・6速には
カーボン製シングルコーンシンクロを採用し、素早く確実なシフト操作も楽しめる。さらに、俊敏なレスポンスと加速性能をより鋭敏に
際立たせるべく、軽量フライホイールも併せて採用。

群を抜く限界性能と快適な乗り心地を高い領域で両立させた、Euro Rシャシー。
快適な乗り心地や扱いやすさというセダンとしての資質をそこねることなく、操る歓びにあふれるスポーツドライビングの醍醐味を
突きつめたEuro R。剛性を極めたボディ設計、そして5リンク式をリアに採用した4輪ダブルウイッシュボーン・サスペンションなど、
極めて高い完成度を誇るアコードのシャシーを基本にその細部を磨き上げ、“R”の称号を冠するにふさわしい俊敏な運動性能と、
ドライバーの意志に直結する優れた操縦性能を完成させている。まずサスペンションにおいては、スプリング、スタビライザーおよび
ブッシュ類をハードな設定とするとともにダンパーの減衰力特性を最適化する事で快適な乗り心地を犠牲にする事なく走行安定性
の向上を実現。同時に、左右連結ストラットタワーバーをフロントに採用し、より俊敏なステアリングレスポンスも獲得している。
さらにアッパーアームは剛性を高め、ロードノイズを低減。また、タイヤは215/45R17 87Wの偏平ワイドタイプとする事で、傑出した
操縦性と走行安定性を獲得。ブレーキには、高剛性キャリパー+16インチベンチレーテッドディスクをフロントに採用し、低G~高G
領域におけるリニアで剛性感あふれるブレーキタッチを実現している。またリアについてはキャリパーボディをアルミ化しバネ下
重量の軽減を図っている。さらにドライバーの意志をより確実に路面へと伝達できるよう、機械式で作動レスポンスに優れるトルク感
応型ヘリカルLSD(リミテッドスリップデフ)を採用。アンダーステアの少ないコーナリングと、シャープな立ち上がり加速を実現して
くれる。

エクステリア

エクステリアにおいては、スポーティな印象を際立たせるメッシュタイプのスポーツグリルとともに、アコード本来の優れた空力特性
を活かしきるべく、より低重心・走り感を高めた前後エアロフォルムバンパー、カラードエアロフォルムサイドシルガーニッシュを
採用。さらに、ダーククロームメッキ・アウタードアハンドルやブラックサイドウインドウモールに加え、専用カラー(カイザーシルバー・メタリック)の17インチアルミホイール+偏平ワイドタイヤ(215/45R17 87W)を採用することで、力強い主張と躍動感にあふれるエクステリアを完成させている。

インテリア

各種スイッチ類を集中配置したセンターパネルや、ドライビングポジションの自由度を高めるテレスコピック&チルト機構付ステア
リングの採用など、すべてのデザイン、機能を“走る”というひとつの目的に向けて集約した操縦空間。そこではまず、Euro Rとの
緊密な一体感をよりダイレクトに味わっていただけるよう、握りやすく操作性に優れるMOMO社製本革巻ステアリングホイールに
加え、手にしっくりとなじむアルミ製シフトノブ、そして強烈な横Gに対して抜群のホールド性を発揮するレカロ社製フロントバケット
シートとともに、機能美が光るアルミ製スポーツペダルを採用。さらに、スポーツマインドを刺激するレッドイルミネーションの大径
自発光メーター、硬質な輝きを放つダークメタル調のコンソールパネル&パワーウインドウスイッチパネルなど、大人の感性に呼応
する高揚感の創出にチカラを注いだ。

こちらの個体について

今回入荷の車両は平成18(2006)年登録、走行距離22.7万kmという個体ですが、所有歴は前オーナー様のみの
ワンオーナー車となり、もちろん修復歴もございません。
平成21年より車検記録簿完備、年式を考慮すると内外装・機関の状態も良好で大切に維持されてきたことが伺えます。
大型ディスプレイオーディオやバックビューモニター、ETCにドライブレコーダー等も装備しており、初期の追加費用も抑えられる
かと思います。

電動化の波が押し寄せる今だからこそ、消えゆく運命の自然吸気ガソリンエンジンの名作を体験してみてはいかがでしょうか。

 

★保証があるから安心

標準の1カ月/1000km保証のほか、1~3年の有料保証もご用意。
自社認証整備工場も完備しておりますので、アフターサービスもお任せください!

車両詳細はこちら(goo-net)

 

店舗名 RiSE四日市南店 株式会社ライズオート
住所 〒510-0886 三重県四日市市日永東3-14-24
TEL 0078-6040-2122
FAX 059-346-3901
営業時間 10:00~19:00
定休日 第1第3火曜日・毎週水曜日

他のブログをみる